冬、水が凍って飲めず、体調を壊す動物たち

温暖と言われる今年の冬。とは言っても、東京都内でも深夜には4度前後にまで気温は下がる。さらに、週末には寒波も到来した。

この真冬に、学校で飼育されている動物の中には、過酷な環境下で暮らしているケースも少なくない。学校飼育動物の多くは、校庭の片隅など屋外の飼育小屋が飼育場となっている。外気が入らず暖房設備などがあれば別だが、冬は当然ながら寒い。飲み水が凍って、喉が渇いても飲めていなかった、という報告もある。想像してみてほしい。この冬空の下、夜中、外に出されていたら。水もエサも十分に与えてもらえなかったらどうだろうか。

動物保護活動をする特定非営利活動法人ランコントレ・ミグノンの友森玲子さんは、動物愛護管理審議会に参加すると、教員や保護者などから学校(小学校・幼稚園)飼育動物の問題点や課題が寄せられる、と話す。

東京都では「小学校動物飼育推進校」を設けて獣医と相談しながら飼育する環境を作るなど改善もみられるが、それでもなお、学校での動物飼育を行っているところは残っているのだ。しかも、「動物愛護教育のための学校飼育動物」の目的を果たさないばかりか、「目を背けたくなるような状況で単に生かされているだけ」いうケースも、残念ながらまだまだあるという。

しかも、全国の教育現場(幼稚園・小学校など)でどんな動物をどれだけ飼育するかは各学校や園の判断に任されているケースが多く、文部省は実態調査もできていないというのが現状だ。

そんな学校飼育動物の現状を友森さんに教えてもらった。

寒暖差に弱く、臼歯のケアなども必要なうさぎ。飼育は意外と大変だ。写真/山内信也