ブラピ流の「王室離脱」ジョーク

2月2日、第73回英国アカデミー賞授賞式が開催され、ブラッド・ピッドのユーモアあふれるスピーチに注目が集まりました。ブラッド・ピッドは、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で助演男優賞を受賞しましたが、授賞式に出席できなかったため、同作で共演したマーゴット・ロビーが、ブラッド・ピッドのスピーチを代読しました。

スピーチの冒頭で、「イギリスさん、シングル協会へようこそ」と、イギリスのEU離脱をいじり、スピーチの締め括りで、「このトロフィーをハリーと名づけようと思います。アメリカに持ち帰るのが楽しみです」と、英国王室からの離脱が正式に決まり、現在はイギリスを離れ、メーガン妃、長男アーチーくんと一緒にカナダのバンクーバー島で過ごしているヘンリー王子をネタにしました。

【写真はコチラ】実はデニム好き…キャサリン妃とメーガン妃のコーディネート集

ヘンリー王子とメーガン妃、アーチ―くん photo by gettyaimges(2019年9月撮影)

この授賞式には、ウィリアム王子とキャサリン妃もご出席で、スピーチを読み上げたマーゴット・ロビーに拍手を送る様子をカメラがとらえていました。

この日、キャサリン妃がお召しになったのは、2012年9月、マレーシアを訪問した際に、公式晩餐会でお召しになったアレクサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)のドレス。白いドレス全体に施されたゴールドの刺繍は、マレーシア国花のハイビスカス。胸元に輝くヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)のマジックアルハンブラのピアスとネックレスは、イエローゴールドとマザーオブパール。お花のモチーフと白とゴールドの配色でリフレインしたキャサリン妃の気品あふれるドレスの着こなしに、会場に詰めかけたファンから歓声が上がりました。

アレクサンダー・マックイーンのドレスをまとったキャサリン妃 photo by gettyimages