Photo by gettyimages
# 航空 # LCC # 新型コロナウイルス

新型コロナ騒動のウラで、「格安LCC」で大損した30代女性の悲劇

こんな状況でも「返金不可」

一時運休・減便が相次ぐ中で

中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の影響は世界中を駆け巡っている。感染を阻止する為に各国政府では、入国制限を実施する国が増えている。

それに伴い、中国本土を発着する路線の多くが、一時運休もしくは減便している

ANAでは成田~武漢線に続いて、2月10日以降3月28日までの成田~北京線を一時運休。羽田~北京線を3月28日まで1日2往復を1往復に減便することを発表したが、更に2月6日には、追加で2月10日~3月28日の成田~杭州線など6路線、2月17日~3月28日の関西~香港線を一時運休するなどの措置も新たに発表した。

Photo by gettyimages

JALも2月17日以降3月28日まで成田~北京線など3路線を一時運休、羽田~北京線と関西~上海(浦東)線を1日2往復から1往復に減便、羽田~広州線と成田~大連線を1日1往復から週4便に減便することを発表。2月5日には、新たに2月6日~17日までの北京から羽田・成田、上海から成田への現地を午前に出発する便を運休するとした。

それに加えて中国系航空会社では、日系航空会社以上に相次いで一時運休・減便に追い込まれている

 

2月4日に関西空港を運営する関西エアポートが発表したデータによると、中国本土への欠航便は、2月3日~9日までの1週間で週612便中262便が欠航予定であることを発表。約43%の欠航率となる。一部便を除き、ほとんどが中国の航空会社の便となっているようだ。

既に日本と中国本土を結ぶ便においては、購入済みのチケットであっても、<キャンセル料なしでの払い戻し>、もしくは<無料での変更>という対応が多くの航空会社側で取られている。

しかしながら、対応に揺れている場所がある。それが香港だ。