Photo by iStock(写真はイメージです)

「動けるから大丈夫」患者を縛る精神科医の言い分が間違っている理由

実際に縛られてみてわかったこと

人の意に反して体を縛り付け、自由を奪う行為は言うまでもなく犯罪だ。だが精神医療の現場では、精神保健指定医の指示のもとで「合法的な拘束」が日常的に行われている。

もちろんそれは、適切な治療を続けるために、やむを得ず一時的に行う拘束に限られる。ところが近年、「患者の管理がラク」といった医療者の都合で行う身体拘束が急増している。それだけではない。拘束が原因とみられる死亡事案も、次々と報告されているのである。

 

「身体拘束は体の動きがどれくらい制限されるのか」 「縛られたらどんな気持ちになるのか」――。

身体拘束の非人間性を体感するため、福祉職やピアスタッフ(福祉施設で働く疾患・障害当事者)たちが、実際に精神医療の現場で使われているマグネット式拘束具で縛られてみる「身体拘束体験会」が、2020年1月26日、横浜市で開かれた。

回復した精神疾患患者らがつくる横浜ピアスタッフ協会の主催で、50人弱の定員はすぐに埋まった。精神科医や看護師が体調管理のため付き添う中、希望者が順番にベッドに横たわり、手足や胴体を縛られていった。

身体拘束は10年で2倍に

精神科での身体拘束の急増は、私が2016年にスクープした新聞記事「患者拘束1日1万人 10年間で2倍に」(2016年4月8日、読売新聞朝刊)で広く知られるようになった。この集計の元となった調査は身体拘束の定義があいまいで、詳細に調べると拘束数はさらに膨れ上がる可能性があった。

そこで、国の研究班が調査を始めたのだが、日本精神科病院協会などの抗議で頓挫。現在行われている1年ごとの集計も十分な精度があるとはいえないが、2018年度の調査日(6月30日)には、身体拘束数は1万1362人(精神保健指定医が身体拘束の指示を出した数)にのぼった。

身体拘束体験会では、「精神科医療の身体拘束を考える会」を立ち上げた杏林大学教授の長谷川利夫さんの講演と並行して、同じ会場内に精神科医と看護師の協力による体験コーナーが設けられた。

精神科病院関係者には、患者の身体拘束に肯定的な者も少なくない。しかし体験者たちの感想は、医療者の見解とは明らかに異なるものとなった。