さまざまながん治療の現場や患者の気持ちを描き話題になっているドラマ『アライブ・がん専門医のカルテ』

松下奈緒が演じる腫瘍内科医たちが、がん患者に寄り添う姿はリアルで評価も高い。写真/フジテレビ

2話からは、26歳の若さで乳がんと判明した女性が登場している。20代で乳がんと宣告されて人生のどん底にいるのに、病院で偶然出会った同級生は妊娠で産科に通っていた。この運命の差に愕然とし、友達の幸せを喜べない自分に嫌悪感を抱いてしまうというシーンが描かれた。

がんは、40歳以降に発症することが多い。が、40歳未満でがんを発症することもあり、15歳~39歳でがんを罹患した人たちを“AYA(アヤ)世代”と呼ぶ。AYAとはAdolescent and Young Adult(思春期や若年成人)の略語で、15歳未満は小児がんとして分けられているが、小児がんから成長した人たちもAYA世代に含まれる。

そこで今回は、AYA世代ならではのがんの課題をドラマの企画協力医でもあり、腫瘍内科医の日本医科大学付属武蔵小杉病院腫瘍内科の勝俣範之医師と、実際にAYA世代でがんに罹患した方に話を聞いた。

大人世代とは違う悩みを抱えるAYA世代のがん

AYA世代とひとくくりにいっても幅があり、就学中、アルバイト、社会人、親になっている人もいるなど、生活背景や家族構成のバリエーションは幅広い。中高年層のがんともっとも大きな違いは、進学、就職、恋愛、結婚、出産など、人生の大きなライフイベントが控えている年代ということで、抱える悩みの種類が異なり、複雑さは増す。

AYA世代のがんは、全世代合わせた罹患者の約2.3%と割合は少ないですが、年間約2万人の若者が新たにがんに罹患しています。AYA世代のがんの特徴は、小児がなるがんと成人がなるがんの両方が発生し、さまざまな種類の希少がんが多いこと。なかには進行スピードが早いものもあります。

女性で20代から増えてくるのは子宮頸がんと乳がんですが、ほかに男女ともに多いがんに血液腫瘍(白血病、悪性リンパ腫など)、胚細胞性腫瘍があります。多いとはいえ胚細胞性腫瘍は人口10万人に1人という希少がんです。血液腫瘍も胚細胞性腫瘍も抗がん剤が効きやすいがんですが、希少がんを診るがんの専門医が少なく、正しい診断がされていないケースも多い。また、本人や家族も、がんになるとは考えておらず受診・発見も遅れやすいのです」(勝俣医師)

10代20代に多い胚細胞性腫瘍は多くは、精巣や卵巣が原発なのだが、精巣や卵巣以外から発生する胚細胞性腫瘍もあり、その場合、臓器を横断的に診る腫瘍内科医でなければなかなか診断が難しいという。また血液腫瘍は血液内科で治療が行われる。

勝俣範之医師
国立がん研究センターに20年勤務した後、日本医科大学武蔵小杉病院に腫瘍内科を開設。抗がん剤治療の第一人者であり、緩和療法に精通。誤解されがちながん情報をわかりやすく解説する。