【学習法】最も効果的な「復習スケジュール」に関する驚きの研究結果

復習間隔を徐々に広げるのは効果的か
中田 達也 プロフィール

学習の成果は、学習の1週間後に行われた事後テストにより測定されました。事後テストの結果、拡張・均等・縮小条件という3つのスケジュールの間に、大きな差は見られませんでした。

一方で、Short・Medium・Longグループの正答率には差が見られました。具体的には、Shortグループの正答率が最も低く49%、Longグループが最も高く75%、Mediumグループは中間で64%という結果になりました。

この研究結果は、外国語の単語を学ぶ上で重要なのは長い学習間隔を用いることであり(Long > Medium > Short)、間隔を徐々に広げようと、徐々に小さくしようと、常に一定の間隔で復習しようと、それは語彙学習において本質的な要因ではない(拡張 = 均等 = 縮小)ということを示唆しています。

外国語の単語学習において拡張型スケジュールの効果を検証した研究は他にも多くありますが、いずれの研究でも拡張型スケジュールの有効性は実証されていません(*5)

 

例えば、日本人学習者を対象に筆者が行った研究では、英単語学習における拡張条件と均等条件の効果を比較しました。

その結果、学習直後の正答率は拡張条件が58%、均等条件が57%と大きな差はありませんでした。1週間後の正答率も拡張条件が24%、均等条件が27%となり、拡張型スケジュールの有効性を支持する結果は得られませんでした(*6)。 

なお、本稿でご紹介したカーピキ教授らの研究は比較的短い学習間隔(8秒~360秒)を対象としたものですが、より長期間にわたって効果を検証した研究でも、拡張型スケジュールの有効性を裏付ける結果は得られていません(*7)

(*5)Kanayama, K., & Kasahara, K. (2016). The effects of expanding and equally-spaced retrieval practice on long-term L2 vocabulary retention. Annual Review of English Language Education in Japan, 27, 217–232.
Kang, S. H. K., Lindsey, R. V., Mozer, M. C., & Pashler, H. (2014). Retrieval practice over the long term: Should spacing be expanding or equal-interval? Psychonomic Bulletin & Review, 21, 1544–1550.
Karpicke, J. D., & Bauernschmidt, A. (2011). Spaced retrieval: Absolute spacing enhances learning regardless of relative spacing. Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, and Cognition, 37, 1250–1257.
Nakata, T. (2015). Effects of expanding and equal spacing on second language vocabulary learning: Does gradually increasing spacing increase vocabulary learning? Studies in Second Language Acquisition, 37, 677–711.
Pyc, M. A., & Rawson, K. A. (2007). Examining the efficiency of schedules of distributed retrieval practice. Memory & Cognition, 35, 1917–1927.
(*6)Nakata, T. (2015). Effects of expanding and equal spacing on second language vocabulary learning: Does gradually increasing spacing increase vocabulary learning? Studies in Second Language Acquisition, 37, 677–711.
(*7)Kanayama, K., & Kasahara, K. (2016). The effects of expanding and equally-spaced retrieval practice on long-term L2 vocabulary retention. Annual Review of English Language Education in Japan, 27, 217–232.
Kang, S. H. K., Lindsey, R. V., Mozer, M. C., & Pashler, H. (2014). Retrieval practice over the long term: Should spacing be expanding or equal-interval? Psychonomic Bulletin & Review, 21, 1544–1550.

関連記事