資産運用で成功する人たちが、「何に投資するか」を重要視しない理由

ポートフォリオマネジメントのすすめ
西村 隆男 プロフィール

3大要素のバランスを考える

ポートフォリオマネジメントでまず考えるべきなのは、自分にとって最適な資産のバランスです。

それを考えるためには、流動性、安全性、収益性という3つの要素の検討が欠かせません。これらは資産運用の3大要素と呼ばれています。

流動性は、いつでも自身の資金として引き出すことができて、自由に使用できることを示す特性です。すぐに現金化できるという意味で、換金性とも呼ばれます。

 

安全性は、資産の価値が変動して運用する前に比べて大きく減少するといったことが少ないこと、いわゆる安定した運用方法であることを指します。変動幅が小さいものほど安全性が高いと言えます。

収益性は、運用する前に比べて資産の価値が増加し、利益を得られることを示す特性です。利回りそのものを指すといってもよいでしょう。

これらの3大要素をすべて兼ね備えた資産は、残念ながらありません。

預貯金は流動性や安全性は高いものの、収益性は限りなくゼロに近いほどに極めて低いのが現実です。

株式は、ほぼ毎日売買できることから流動性があり、株価が上昇する可能性があったり確実に配当収入が得られたりすることから収益性も期待できますが、一方で安全性はといえば、会社の業績や経済情勢による株価の暴落などもありえるので不安要素が残ります。