「ホントに得する株主優待」イオン、伊勢丹、マツキヨ…こんなにあった

株を持つだけで「1割引」や「半額」も
週刊現代 プロフィール

週末のレジャーはどうか。映画館「109シネマズ」を運営する東急レクリエーションは、200株以上の取得で、半年に1回、映画館入場が9回無料になる優待カードが手に入る。

 

ゴルフが好きな人は、平和はいかがだろうか。パチンコ機器メーカーだが、ゴルフ場のPGMグループを傘下に収めていて、100株以上の取得で当該ゴルフ場のプレー料金が3500円安くなるチケットが半年で2枚手に入る。

PGMグループは加盟店が全国にあるため、非常に使いやすい優待のひとつと言える。

「ひとりでも家族でも使えるのが、スターツコーポレーションの20%割引券です。100株以上で、1年に合計24枚もらえます。使い道は信州の温泉旅館から東京・京橋のレストラン、茨城のゴルフ場など多岐にわたります」(ファイナンシャルプランナーの丸山晴美氏)

外出が億劫だ、という人は、衛星放送チャンネルであるWOWOWの株主になるのも手だ。所有株式数100株以上で、2000円分のクオカードか、3ヵ月間の無料視聴権が手に入る。普通に入会すると月額2530円なので、7000円以上のサービスが受けられることになる。