Photo by iStock

「ホントに得する株主優待」イオン、伊勢丹、マツキヨ…こんなにあった

株を持つだけで「1割引」や「半額」も

株主優待は、売却益や配当の「おまけ」に過ぎないと思っていないだろうか。近年は非常に使い勝手がよく、しかもかなり得する品物やサービスが増えている。選りすぐりの特典を紹介していこう。

面倒な手続きはいらない

2020年が始まって1ヵ月、日経平均株価は高止まりを続けている。株式投資を始めるか迷う人もいるかもしれないが、株価の上下で儲けるのではなく、最低限の投資で株主になることで、お得な優待を受けられるのはご存じだろうか。

「株主優待を導入する企業はここ20年で徐々に増え、今では上場企業のおよそ3分の1にのぼります。

企業としては、魅力的な優待で個人の株主を増やしたい。安定的で『物言わない』個人株主が多ければ、敵対する勢力やファンドによる株の買い占めを防ぐことができるからです」(経済アナリストの森永卓郎氏)

その通り、株主向けに、思った以上にお得な優待制度を提供している企業は多い。面倒な手続きなく、気軽に受けられる特典の数々を紹介しよう。

 

使い勝手のいい優待特典の筆頭格が、スーパーや百貨店などの小売店で使える商品券や割引券だ。前出・森永氏は、スーパー最大手イオンのオーナーズカードを利用していると言う。

「100株取得で3%のキャッシュバックが受けられるオーナーズカードがもらえます。取得株式数に応じてキャッシュバック率は大きくなり、3000株以上の取得で最大の7%になります。

ポイントが付与されるのではなく、直接おカネで返ってくるのが嬉しい。いつでも使えますし、他の割引やポイント制度とも併用可能。また、大型店に設けられているイオンラウンジが利用でき、お茶やお菓子がタダで飲食できるのも便利ですね」

言ってみれば、いつでも7%引きで買い物しているのと同じ。このオーナーズカードは、マックスバリュや首都圏に展開する「まいばすけっと」などのイオン系列店でも使えるのが強みだ。

Photo by GettyImages