金村さんが今季の飛躍を確信している広島の小園海斗選手。高校時代と比べると体はひと回り大きくなった

問題は薄い体? 金村義明が語る「高卒大物ルーキーが伸び悩むわけ」

動画「炎のベースボール解説」第3回!
金村義明による野球解説動画「炎のベースボール解説」の第3回! 清宮幸太郎、中村奨成、根尾昴、藤原恭大……。ここ数年、ドラフト1巡めから複数球団に指名されるような大物高卒ルーキー野手が注目を集めているが、みないまひとつ伸び悩んでいる。自身も鳴り物入りで入団した高卒大物ルーキーだった金村さんは、彼らのどこに注目しているのだろうか。

(※本稿は動画を記事としてまとめたものです)

高卒ルーキーはみんな薄っぺらい!?

ーーここ数年、毎年のように高卒の大物ルーキーがプロ入りしますが、なかなか活躍できませんね。

金村:そりゃもう、高卒っていったら、それまでは金属バットで野球をしているわけですからね。すぐに活躍するのはなかなか難しいでしょ。

去年、新人王獲ったヤクルトの村上宗隆内野手も今年は3年め、開花したのは2年めですからね。

村上を育てたのは、一昨年、ヤクルトの二軍チーフコーチだった三木肇(楽天新監督)。彼が、村上を1年間二軍で4番打者として使い続けました。村上には、それに応えるだけの体の強さがあったから、中西太さんの記録(高卒2年め以内でのシーズン最多本塁打と最多打点記録)を抜いて新人王を獲ることができた。

やはり、金属バットの高校野球から木のバットのプロ野球に入って、1年めから活躍するっていうのは難しいと思います。

まず、体つきが違いますよね。高校から入団当初は、みんな薄いというか、薄っぺらい体です。

清原(和博)は、プロに入ってすぐの頃は、まわり先輩たちと比べると薄かったですけど、さほど見劣りはしなかったですよね。

僕なんかもうひょろひょろでしたからね。高校時代は、木のバットで本格的なバッティング練習なんてしたことなかった。プロ入ってから手の平がずるむけになるまで練習して、バッティングはこれっていうのをつかむまで3、4年かかりました。

清宮幸太郎は昨年、有鉤骨を骨折しました。栗山監督も一年めから、「こういう大物を育てるのは難しいなあ」とキャンプ行ったとき言ってましたしね。これからどうして育てていくか、何年がかりでしようか。

日本ハムの清宮幸太郎選手。2年めは故障に泣いたが、今季は飛躍が期待される

松井(秀喜)にしたって1000日計画とか立てながら育てられた。新人のときからあれぐらいのスイングスピードがある人間でもそれくらいかかるわけですからね。

NYヤンキースの主軸を務めた松井秀喜選手も入団一年めは57試合の出場にとどまった

ロッテの安田尚憲内野手、藤原恭大外野手もこれからでしょうね。安田なんていうのはもうそろそろ出てきてもいい頃ですけど、キャンプ行って見るとバッティングコーチがちょくちょく変わってます。その度に指導方法も変わります。体の近くでスイングするために、手首縛ってバットを振らせてみたり。見てて「何しとんのかな」と思いましたけどね。まあ色んなバッティングコーチいますから。

清宮選手と同期の安田尚憲選手。昨年は一軍での出場はなかったが

僕らは中西太さんの派閥というか中西道場の門下生ですから、今のヤクルトがやっている打撃理論と一番近い。村上を指導しているバッティングコーチは全部中西道場門下生ばっかりですからね。杉村繁さん、去年は宮本慎也、石井琢朗とかもいましたけど。今年は、その宮本がいなくなり、石井が巨人に行き、どうなるのか、こういうところも面白みがありますけどね。彼らみな育てるのうまいと思いますよ。