中国で、新型コロナウイルス肺炎の感染者、死者が増え続けている。WHOは1月30日、ついに緊急事態宣言を出した。中国で感染は武漢を越えてほぼ全土に広がり、都市の封鎖も行われている。中国における感染者数は1万7205人、死者数はで計361人となり、2002〜2003年シーズンに流行したSARSを超えたと報道されている(2月3日現在)。

中国以外の各国でも感染者が相次いで報告され、日本でも感染は20例(患者15名、無症候感染者5名)にのぼっている。また、2日には、フィリピンで1人の死者が確認され、中国外での初の死者と発表された(死亡した男性は、武漢から訪れていた中国人と報道されている)。

新型コロナウイルス肺炎について毎日のように繰り返し報道されているが、ときとして、「印象」と「事実」は乖離する。そこで、過熱する報道の中で見落とされがちな事実6つについて紹介したい。

1. 国内では流行が認められる状態ではない

毎日新型コロナウイルス肺炎に関する報道が相次ぎ、マスクが飛ぶように売れ、あたかも大流行している、あるいは既に流行がはじまっているという錯覚をしてしまうかもしれないが、これまでに報告された発症者および感染者は、武漢からの帰国者と、濃厚接触者に限られ、感染経路が特定できない例は見つかっておらず、厚生労働省は「現在、国内で流行が認められている状態ではない」という見解※1

ただ、現在流行している状態ではないものの、無症候例がある一定の割合を占め、軽症例も多く、潜伏期の長い(最大14日程度と考えられている)新型コロナウイルス感染症は、空港での水際対策で防ぐことは困難で、これから国内で流行する可能性は否定できない。自分たちにできる予防をしながら状況を注視していく必要があるだろう。

【2月9日加筆】
依然として国内での流行が起きているとは言いがたいが、呼吸器科医師がある患者について検査を要すると判断したにもかかわらず、保健所から検査を断られる事態が発生する(NHK NEWS WEBより)など、必要な患者に検査が行き届いていない可能性がある。また、検査薬も足りていない。6日、日本感染症学会は、「国内で散発的流行が起きていてもおかしくはない」という見解を発表している。

2. 喉の痛み、下痢が比較的少ない

朝起きたら喉の痛みがあり、少し咳も出る。それに加えて、頭痛がして熱っぽいようだ。そんな症状があったら、「ひょっとしたら自分も新型肺炎かもしれない」と心配になる人もいるかもしれない。新型コロナウイルスの感染は、軽症であれば風邪と区別することは難しい。国内発症の患者でも、長引く発熱と喉の痛みで受診した中国人男性が、コロナウイルス陽性と判明した例がある。

新型コロナウイルス肺炎以外にも、冬期には感染症が流行する。インフルエンザは言わずもがなだが、溶連菌感染症、ノロウイルス・ロタウイルスなどの感染性胃腸炎、風邪などなど。ウイルス感染症は、種類によって上気道症状(咳や鼻水、喉の痛みなど)が強いもの、胃腸炎(吐き気、下痢など)のみのものなど様々だが、ある程度症状が似通っている。