# 新幹線 # 鉄道 # スジャータ

新幹線の「アイスクリーム」、“カチカチ”すぎるのに売れ続けるワケ

その名はシンカンセンスゴイカタイアイス
現代ビジネス読者の皆様、はじめまして。松竹芸能所属の鉄道タレント、古谷あつみです。私は以前、東海道新幹線の車内販売員や、JR西日本で駅員をしていました。鉄道に関するさまざまなものを、鉄道が大好きな私の体験談を交えながら紹介したいと思います。
 

車内販売員のマニュアル

私が東海道新幹線で車内販売員をしていたのは、約10年前のこと。研修を終え、初めて新幹線に乗務した日のことを今でも覚えています。

乗務前の研修では、ワゴンの扱い方、商品知識、接客について学びます。その中で、指導してくださった先輩が「アイスはとても固いから、お客様にお渡しするとき『しばらく経ってからお召し上がりください』と一言添えてください。」と言うのです。

それに対して私は「いやいや大げさな……、そこまで固くないでしょ。しかも、新幹線の車内でアイスって、そんなに売れるのだろうか?」と、その時は思いました。

新幹線で車内販売されている「スーパープレミアムアイスクリーム」(筆者撮影)

初めての乗務は、出張に出かけるビジネスマンが多く乗っている時間帯。一番の人気商品であるホットコーヒーが飛ぶように売れる時間でもあります。

そこで驚いたのが、コーヒーとともにアイスクリームを買うお客様の多さです。私のワゴンに積み込まれていたアイスクリームは、あっという間に完売したのです。

そして、もう一つ驚いたのはアイスクリームを購入したお客様が、なかなか食べ始めないこと。やはり、本当にものすごく固いのかもしれない……。そう思った私は、すぐにアイスクリームを購入し、食べてみることにしました。