FRaU Webでフリーアナウンサー中村仁美さんが連載している「騒がしくも愛おしい毎日」(毎月1回・第1水曜日更新)。さまぁ~ずの大竹一樹さんとの結婚後、母として、妻として、そして一人の女性として、感じたこと、考えたことを、中村仁美さんならではの目線で綴っています。

今回のテーマは「子育ての黄金期」について。昨年6月に第3子を出産し、現在3人兄弟の子育てに大奮闘中の中村さん。3人目だから楽勝!とはもちろんいかず、寝付かない、離乳食、産後の体の変化……と大変なことだらけだけど、それでもやっぱり思うこととは? 日に日に大きくなっていく息子さんたちへの「愛しい気持ち」を綴っていただきました。

中村さんの今までの連載はこちら

手がかからないと思っていたけど……

2月で三男が生後8ヵ月になります。
まだ生まれたばかりだと思っていたのに、もうハイハイで移動をはじめ、次男の大事なブロックを破壊しています。大事なものを壊されたり口に入れられベタベタになったり、次男はこの時期特有の“赤ちゃんの洗礼”を受け、当りどころのない怒りに泣きベソ状態。

ハイハイが始まりました!まだまだ赤ちゃんでいて欲しい… 写真提供/中村仁美

君もお兄ちゃんに同じことをしていたんだよ~、と懐かしい光景にこちらはニコニコしてしまうのですが、かく言う私も、もれなく“赤ちゃんの洗礼”を受けています。

生後2ヵ月頃まで、1日中よ~く寝ていてくれた三男。
久々にミシンなんぞを引っ張り出したり、お兄ちゃん達の用事に付き合わせてもスヤスヤと寝ていてくれてなんの問題もありませんでした。
「楽勝! 楽勝! やっぱり3人目って手がかからないのね~」なんて思っていたのに……。

現在、手がかからないで有名だった3人目、日中まったく寝てくれません!

まとめて寝てくれるのは最大15分でしょうか。超ショートスリーパー!!
授乳中にウトウトすることが多いので、細心の注意を払いそっと布団に寝かせても、はい、背中スイッチ発動です。

じゃあ、夜は寝てくれるんじゃない?とよく聞かれますが、夜も頻繁に夜泣きし、明け方にかけては添い乳を離した途端泣いてしまいます。
こんなに寝ないなんて……もしかしたら3人の中で一番寝てくれないかも!?

まだまだ1人遊びができる時間も短く、起きているときでも基本的に抱っこをしていないと泣いてしまいます。

ベビーカーに乗せてお散歩に行くと大抵寝てくれていた上2人とは違い、抱っこしてよ~と言わんばかりに私を見上げ泣いています。その切なくて愛おしい表情にやられ、万年腰痛を患う腰に抱っこひもを巻き付け、ベビーカーから三男を抱き上げると、あっという間に泣き止んで、涙と鼻水だらけの顔を私の洋服にこすりつけています。

こんな調子ですから、長男と次男が小学校と幼稚園でいないせっかくの日中も、何もしないまま夕方になってしまうことがしょっちゅう。