SBIホールディングスを率いる北尾吉孝氏〔photo〕gettyimages

SBI証券、いよいよ「メガバンク」も「野村證券」も倒しそうなワケ

今週の「AI株価予報」で読む

SBIホールディングスの「株価」が急伸中…!

1月末から突然沸き起こった新型コロナウイルスの猛威が、株式市場に大きな影を落とし始めた。

世界や日本の株式市場では、何が起きるかわからないという恐怖心から「市場逃避」を始める投資家たちが続出。東京株式市場では日経平均株価が約3ヵ月ぶりの安値に沈むなど、マーケットはすっかり冷え込んでいる。

〔photo〕gettyimages

そんな日本株市場にあって、そんな日本株市場にあって、ズバリ的中率80%を超える『Phantom株価予報AIエンジン』(財産ネット社開発・運営、詳細はhttps://phantom-ai.com/)が導き出した「今週の注目銘柄」を紹介しよう。

まず、今週の『Phantom株価予報AIエンジン』がピックアップした大本命銘柄はSBIホールディングス (8473)である。じつはここへきて株価が急上昇していることをご存じだろうか。

 

きっかけは、1月31日に発表されたSBIホールディングスの最新決算にある。財産ネット企業調査部長の藤本誠之氏が言う。

「この日、SBIホールディングスは2020年3月期の第3四半期決算を発表したのですが、税引き前利益が91%増益と絶好調の業績でした。証券各社は個人投資家の売買低迷を受けて収益悪化がとまらないうえ、昨年末からは手数料無料化の流れで収益改善が厳しくなっている。そうした中にあって、逆風を吹き飛ばすような好業績を示して見せたわけです」

SBIホールディングス傘下のSBI証券と言えば、いまやオンライン証券で圧倒的な王者として君臨している。預かり資産残高は14兆円(連結ベース)を超えており、すでに他社の2倍以上という水準にまで達している。