# 駅弁

“駅で売れない駅弁”が大人気!「峠の釜めし」の美味すぎる戦略

時代の逆風にも廃れないワケ

本拠地の駅では売れない…?

今年も新春恒例の「駅弁大会(第55回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会)」が1月8日から21日まで、東京・新宿の京王百貨店で開催され、多くの駅弁ファンでごったがえした。

270種類を超える選りすぐりの駅弁が集結した、この最大級の駅弁大会でも、「峠の釜めし」はとりわけ人気の高い駅弁の1つだ。今年は5年ぶり2回目の店内調理が復活し、レアなでき立ての釜めしが食べられるというので、1日限定2,000食が連日完売の盛況だった。

今回は「峠の釜めし」の人気の秘密に迫りたい。

横川駅構内にある「峠の釜めし」売店

「峠の釜めし」は群馬県の西端、長野県軽井沢町に隣接する、安中市にある信越本線・横川駅の駅弁。横川駅は1日平均の乗客数わずか211人(18年度、JR東日本調べ)のごく小さな駅ながら、1日平均で8,000個が売れている。しかし、横川駅での販売数は微々たるものだ。

大半は、東京駅、新宿駅、軽井沢駅、高崎駅など主要駅の駅弁売場や、群馬県内と長野県内にあるドライブインなどの直営店、さらには全国各地で順次開催される駅弁大会で売り上げている

 

なお、横川駅は1997年の北陸新幹線高崎・長野間先行開業(長野行新幹線開業)により、在来線の横川・軽井沢間が廃止され、分断された信越本線の終点の1つになっている。横川は軽井沢をはじめとする長野の観光の玄関口にあたり、概ね4月から11月までが観光シーズンだ。一方で、駅弁大会は冬を中心にスケジュールが組まれており、ちょうどよい塩梅で1年の売上が安定するように回せている。

では、本拠地の駅で売れない有名駅弁「峠の釜めし」のユニークなビジネスモデルは、どのように形成されたのだろうか。