# ジェンダー

かつて「女の子写真」の枠にはめられた、女性写真家からの異議申し立て

賞賛の裏に隠されていた差別
長島 有里枝 プロフィール

「ガーリーフォト」と「女の子写真」の違い

このような「女の子写真」が、権力の保有者から押しつけられた性差別的な枠組みなのだとすれば、それが指し示すような女性たちの写真潮流もなかったものと理解するべきなのだろうか。わたしは1990年代に女性が中心となって生みだした写真の潮流は、やはり存在したと考えている。ここでふたつめの問いについて、考えてみよう。

90年代の写真潮流が「ガーリーフォト」とも呼ばれていたことは冒頭で紹介した。これまでガーリーフォトは「女の子写真」の別名で、同じ時代の同じ写真潮流を指し示すと考えられてきた。

 

しかし、当時の雑誌や書籍を読み返すと、両者にはまったく異なる意味づけがなされてきたことがわかる。ガーリーフォトは、日本で女性写真家の台頭がおこったのと同じ時期、欧米を中心に世界を席巻していた「第三波フェミニズム」からの影響をその名に刻んでいるのだ。

第三波フェミニズムは当時、英語でガーリー(ガール)・ムーブメント(カルチャー)などと呼ばれていた。日本の動向と世界の動向の類似性を指摘したファッション/アート・エディターの林央子が、おそらくガーリーフォトの名付け親である。

90年代の(第三波)フェミニズムは、それまでは蔑称だと考えられていた「ガール」や「ビッチ」、「スラット」という言葉を、自分たちの手に取り戻そうとしたことで知られている。化粧やお洒落をすること、セックスすること、バッド・ガール(男性にとって都合の悪いことをする女の子、の意味)でいることなどもまた、自分のためにしたいことをする、そしてそれを楽しむという彼女たちのフェミニズム実践のうちだった。

90年代を象徴する表現のひとつだったセルフ・ポートレイトは、そのような第三波フェミニズムの実践と極めて親和的だったのだ。