〔PHOTO〕iStock
# ジェンダー

かつて「女の子写真」の枠にはめられた、女性写真家からの異議申し立て

賞賛の裏に隠されていた差別

1990年代の「女の子写真」ブームの背後には女性蔑視が隠れていた——「僕ら」の「女の子写真」から わたしたちのガーリーフォトへ』(大福書林)を上梓した写真家の長島有里枝氏はそう指摘する。当時、自身に向けられていた評価に対する、当事者からの異議申し立て。

女性写真家たちが抱いていた違和感

西洋美術にダダイズムやミニマリズムのような芸術運動があるように、写真の分野にもその時代ごとの潮流やムーブメントがある。その観点から日本の写真史を紐解くと、1990年代は若手女性写真家が活躍した「女の子写真」または「ガーリーフォト」の時代とされているのがわかる。

1993年、家族と自分を被写体にしたセルフ・ポートレイトが注目されて世に出たわたしは、90年代の写真潮流を牽引するフロントランナーの一人と評された。

 

まだ名前すらなかった新しい写真表現はあらゆる人に論じられ、最終的に「女の子写真」と呼ばれ始める。自分や自分の作品がその枠組みに振り分けられると、わたしは途端に窮屈に感じた。90年代半ば以降にデビューし、ほぼ自動的にこのカテゴリーで括られた若手女性写真家の多くが、同じように強い違和感を覚えたと口を揃えていう。それはこのカテゴリーが、極めて女性(特に若い女性)蔑視的なものだったからだといえるだろう。

90年代の写真家の多くが取り組んだ主題や表現には、大雑把に分けて2つが挙げられる。ひとつは「私写真」や「プライベート・フォト」などと呼ばれる、他者との親密性や日常の出来事をテーマとした写真だ。それらはしばしばスナップショットの手法を採用した、社会科学的な示唆に富むポートレイトやドキュメンタリー写真である。こうした表現は性別を選ばない、欧米を中心に世界各所で見られた90年代の写真トレンドであった。