〔photo〕iStock
# 医療 # 健康

新型コロナウイルス、実は「マスク着用」より先にやるべきことがある

WHOが示した「5つの推奨行為」

消毒薬やマスクが飛ぶように売れている

昨年12月、中国湖北省武漢(ウーハン)市から発生した謎の肺炎。昨年末時点では患者は武漢市のみ数十人程度で原因不明だったが、1月9日に中国当局は原因が新型コロナウイルスとみられると発表した。

中国国内では1月20日以降、感染者数の報告が増加し始め、中国国家衛生健康委員会による1月31日午前時点での発表では死者が213人、感染者は9692人にまで達した。またこの時期は中国の旧正月に当たる「春節」の休暇中で、国内で感染して海外に渡航していた中国人も多く、感染者の確認は30日時点で18か国にまで拡大している

日本ではこの新型コロナウイルス感染症について急遽、感染者の強制措置も可能な感染症法に基づく「指定感染症」と定め、WHOは1月31日、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言する事態に至った。

 

日本でも1月16日には神奈川県在住の中国籍男性の感染が発覚。この事態に日本政府は武漢市住日本人の退避のため政府がチャーターした民間機を派遣する異例の措置をとった。この政府専用機での帰国者の中からも3人の感染が発覚し、1月31日時点で日本国内で判明した感染者は12人、うち2人は武漢市渡航歴がない国内での二次感染とみられている。

国外二次感染例一覧
拡大画像表示

すでに国内では日本での感染者発覚直後から、ドラッグストアなどで消毒薬やマスクが飛ぶように売れているが、日本国内の二次感染者が発生したことでこのような動きは加速するとみられる。

だが、まず結論から言おう。慌てるなかれ。ごく普通の感染対策で、感染のリスクを減らすことが可能なことを知っておこう。