# 健康 # 医療

新型コロナウイルス、実は「マスク着用」より先にやるべきことがある

WHOが示した「5つの推奨行為」
村上 和巳 プロフィール

感染力は「インフルエンザ」と同等かやや低い

一方、「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に公表された論文では3人の感染者のうち2人の経過などが記載されており、1人が華南海鮮城で働く49歳の女性、もう1人は華南海鮮市場を頻繁に訪問している61歳男性。

女性は最初37~38℃の発熱、咳、胸部不快感の症状が出て、4日後には熱は下がってきたものの咳、胸部不快感が悪化。男性の方は発熱、咳が始まってから7日後に呼吸困難の症状を訴え、さらにその後2日間で呼吸困難の症状が悪化し、人工呼吸器の使用が開始された。女性の方はすでに回復して退院したものの、男性の方は死亡している。

なお、現在のところ新型コロナウイルスの感染から発症までの潜伏期間は、ランセットに発表された論文では推定で7日程度としているが、まだ正確には不明。ただ、MERSコロナウイルスが最大で14日間と言われているため、おおむねこの期間内と考えられる。

 

すでにこの状況下では、新型コロナウイルスがヒトからヒトへの感染が起こることは明らかだが、その感染力を示す数字として1人の感染者が何人に感染させるかという基本再生産数という指標がある。

現在、WHOが公表している新型コロナウイルスの暫定の基本再生産数は1.4~2.5。つまり1人の感染者から2~3人に感染を拡大させる可能性があるということだ。

ちなみによく知られている季節性インフルエンザの基本再生産数は2~3で、データによっては最大4超というのもある。現時点で分かっている新型コロナウイルスの感染力は、インフルエンザと同等かやや低いということになる。

一方、ウイルスなどの病原体は、感染から症状発症までの潜伏期間中に他人に感染力を持たないケース(エボラウイルスなど)と感染力を有するケース(インフルエンザなど)があるが、中国国家衛生健康委員会は今回の新型コロナウイルスは後者ではないかとの見解を示している。