photo by gettyimages

日米英を渡り歩いた企業研究者が教える英語習得「とっておきの方法」

映画のディクテーションで生の英語を!
企業活動の国際化に伴い、ビジネスの現場では、外国語をネイティブ並みに扱える能力が求められている。企業研究者とて例外ではない。海外に研究拠点があったり、上司が外国人であったりすることが増え、もはや「日本語だけで業務を遂行することなど不可能」な状況になりつつある。

とはいえ、日常業務で超多忙な企業研究者が外国語習得のための時間を捻出することは困難を極める。そこで必要になるのが、正しく効率的な勉強法だ。

『企業研究者のための人生設計ガイド』の著者で、日米英の企業研究所を渡り歩いた鎌谷朝之氏は、誰にもできる極めて簡単な方法で、ネイティブとディベートできるほどのヒアリングとスピーキングの技術をマスターした。その「とっておきの英語の習得方法」とはいかなるものか?

理系研究者も、今や外国語が必須!

僕にはかねてから、理系の教育カリキュラムで「どうにかならないか」と思っているところがある。それは「どうやって『理系では今や外国語が必須』という意識を中学・高校レベルで植え付けることができるか」ということである。

特に、高校における進路選択に際して「英語ができる人はとりあえず文系」「数学ができる人はとりあえず理系」という割り振り方が相変わらず行われているのが残念だ。

そもそも英語を必ずしも必要としない文系の職種はたくさんあるだろうし、英語を含めた外国語が得意な方が将来のキャリアアップのプラスになる理系の職種だって少なくないと思う。

たとえば製薬会社の研究職は、まさに「外国語が得意な人、大歓迎」のカテゴリーに属する。仮に内資の製薬会社に入ったとしても、今やどの日本の会社も海外に研究開発の拠点・提携先がある時代である。

メールのやり取りに英語が使われるのはもちろん、部署によっては上司や部門長が外国人となって報告や会議が英語になってしまうことだって珍しいことではなくなっている。つまり「日本語だけで業務することなど不可能」と言い切ってもいい状態なのだ。

【写真】上司や部門長が外国人になることもあり、日本語だけでの業務は不可能
  例えば製薬会社の研究職では、上司や部門長が外国人になることもあり、「日本語だけで業務することなど不可能」と言ってもいい状態だ photo by iStock

また最初の数年こそ国内の研究所に所属していても、そのうち提携先の海外研究所と共同の業務が要求され、場合によっては「出向」の形で数年単位で海外に行かされる可能性だってある。

製薬会社では今のところは英語圏もしくは英語が通じる国の研究所が主力なので英語さえできれば大丈夫だが、もしあなたが中国語など英語以外の外国語もできるのであればもう鬼に金棒、あっという間に引く手あまたになることだろう。

ところで「外国語でのやり取り」と聞いてまず思い浮かぶのは英語であり、それも超大国・アメリカの人たちとの論戦をイメージされる方が多いと思う。これが日本人にとってハードルをさらに上げる要因となっている。

アメリカでは小学校からプレゼンテーションやディベートの機会が与えられ、とにかく人の前面に立って主張することが求められ続ける。アメリカ人と一口に言っても個性はそれぞれ十人十色、おとなしい人もいれば活発な人もいるが、こと議論をすることにかけては一人残らず百戦錬磨の達人と言っていい。

こんな彼らとどう対峙していくのか。僕の経験談として詳しく披露したい。