photo by gettyimages

理工系学生必読! 企業研究者はアカデミア研究者となにが違うのか?

企業研究所を渡り歩いた先輩による助言

大学・大学院を修了した後、一人前の研究者として企業に就職するか、はたまた大学で研究を続けるか――多くの理系学生はこうした悩みに直面するはずだ。

大学などのアカデミアで働くことは、身近で実例があるのでイメージが沸くが、そもそも「企業の研究者」というのはいったいどういう職業なのだろうか。

大学での研究活動と何か違うことはあるのだろうか。進路を決めるうえでは、企業研究者の実像を知り、そのメリットとデメリットを理解する必要がある。

「ビジネス」としての研究――テーマは上から降ってくる!

一般論として、企業の研究活動はビジネスニーズに合わせたものとなる。もっと直截的な言い方をすれば「営利目的の研究活動」という側面が強い、ということになる。

もちろん、企業の研究活動の中には「社会貢献」や「イノベーション促進」という観点から収益を求めないテーマで進める場合もあるが、そういうテーマに取り組むことを通して将来収益に貢献する人材を育成することを狙ったり、他にも収益に結び付くテーマを並行して走らせたりすることによって持続可能なビジネスに結びつけることが求められる。

  企業の研究活動は「営利目的の研究活動」という側面が強い photo by iStock

また、営利目的であることは同時に、研究成果が実際に商品やサービスとして世に出る可能性があることを意味している。企業の研究者がもっともモチベーションを感じるポイントだろう。また、利潤を伴う研究であるが故に企業研究者の給与は一般的に、大学におけるそれよりは高めに設定されていることが多い。

だから、企業の研究所に入ったら「自分から研究テーマを見つけてきて取り組む」というようなスタイルとなることはまずないだろう。仮にそういうことが許されている会社でも上司に許可をもらうことは最低限必要だろうし、会社のお金を使うとしたら予算化が必要なので「重役会にかけるからプレゼンしろ」などと言われるかもしれない。

となれば、多くの企業の研究者にとって研究テーマとは「上から降ってくるもの」、すなわち上司などから「こういうものを作って欲しい」とか「こういう課題があるんだが」と言われて取り組むものではないかと思う。

だから間違っても「私は博士号を持ってるんだから会社でも好き勝手にさせてもらえるはずだ」などとは考えない方がよいだろう。

【写真】研究テーマは上から降ってくる
  研究テーマは「上から降ってくるもの」であることが多いだろう photo by iStock

もちろん、大学院を出ているからという理由だけで入社早々第一線、最優先のプロジェクトを与えられてバリバリ働かせてもらえる……なんてこともあり得ない。修士だろうが博士だろうが、新しいところでスタートする時にはまずは下積みから……である。僕だってそうだった。

そういった意味では、企業の研究者は大学と比べると自由度がやや少ないといえるだろう。