カナダには世界遺産がたくさんある。大自然から美しい町並みまで一生に一度は訪れてみたい場所ばかり!

【01】アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群

カナダ・アラスカ間をまたぐ山岳地帯。カナダ最高峰のマウントローガンなど5000m級の山々や、長さ65kmのローウェル氷河、ツンドラや森林地帯など、多様な自然が広がる。遊覧飛行、ハイキング、キャンプなどのアクティビティが楽しめる。

【02】ナハニ国立公園

カナダ随一の落差を誇る90mの大瀑布バーニジア滝や奇岩トゥーファ・マウンドなど、変化のある景観が魅力。各所に温泉が湧き出しているので、星空を見ながらワイルドな露天風呂体験も。季節が良ければオーロラを見られるチャンスも。

【03】スカン・グアイ(アンソニー島)

カナダの先住民、ハイダ族が暮らしていた島。見所は朽ちかけたトーテムポール。ハイダ族の希望により、修復や保護を行わず、自然のままに朽ち果てていくことを選んだ珍しい世界遺産。島へはボートをチャーターする他、カヤックでの上陸もできる。

【04】カナディアン・ロッキー山脈自然公園群

バンフ、ジャスパーを含む4つの国立公園とその周辺エリアが世界遺産に認定。バンフとジャスパーは世界屈指のスキーリゾートとしても有名で、毎年世界中から観光客が訪れる。美しいブルーの氷河湖も点在し、夏はハイキングの人々で賑わう。