提供:メルカリ

スマートフォンから誰でも簡単に売り買いが楽しめるマーケットプレイス。楽しくワクワクする体験の先にある、メルカリが目指す社会とは。

限りある資源を循環させ、
誰もが豊かに暮らせる社会に

スマートフォンから誰でも簡単に売り買いが楽しめることから、ここ数年で若者を中心に瞬く間に浸透したメルカリ。今やわたしたちの生活に欠かせない存在となっているが、そもそもメルカリが生まれた背景には、代表取締役会長兼CEO山田進太郎氏が世界一周の旅で目の当たりにした新興国の現状がある。

日本や先進国では大量に生産され簡単に廃棄されてしまうものがある一方、新興国では生活用品ひとつ手に入れるのも困難な状況が続いていた。そして、日本に帰国し、スマートフォンが急激に普及している光景を目の当たりにして、「誰かにとっては価値がなくなったものでも、他の必要としている誰かのもとへ届けられたら、限りある資源を無駄にすることなく有効活用できるのではないだろうか」との思いを胸に、メルカリを創業。今では多くの人に受け入れられるサービスとなっている。

しかし、取引の増加に伴い商品を梱包する資材の消費量も増加するという、新たな問題が生まれてしまったのだ。そこで、メルカリで取引される商品同様、梱包材も何度もリユースしてほしいと、繰り返し利用可能な梱包材であるメルカリエコパックを製作。エコパックに入れて出品し、誰かのもとへ届く。そしてまた、次の誰かのもとへ。限りある資源を循環させ、より豊かな社会を目指すメルカリが描く循環型の社会。それは、リユースがもっと当たり前になった暮らし。

【お問い合わせ】
メルカリ

 

提供:メルカリ

●情報は、FRaU2020年1月号発売時点のものです。
Photo:Shinsaku Kato Styling:Rina Taruyama Text & Edit :Shoko Matsumoto