車のナンバープレートで絶対に「使ってはいけない」4つの平仮名

知らないと意外に困る
週刊現代 プロフィール

足りなくなる平仮名もあれば、絶対に使われない平仮名も4文字ある。

実は、平仮名46文字のうち「お」「し」「へ」「ん」の使用は禁止されているのだ。

「お」は「あ」、「す」、「む」との読み誤りを避けるためだ。「お」の代用には「を」を用いる。

「し」は音が「死」を連想させるので、縁起が悪いからだ。かつ、似た字形の「も」との読み誤りを避けるためとも言われている。

Image by iStock

では、「へ」はなぜなのか。これは排気ガスやオナラを連想させるからだというから面白い。

最後の「ん」。これは簡単で、他の平仮名と比べて発音が難しいからだ。

 

ルールは他にもある。普通車なら「あいうえかきくけこを」の10文字はタクシーなど事業用の車しか使えないし、「EHKMTYよ」の7文字は、駐留軍人など軍関係者の車のみ許されている。

地域によっては、平仮名の書体も違うので確かめてみてほしい。(水)

『週刊現代』2020年2月1・8日号より