車のナンバープレートで絶対に「使ってはいけない」4つの平仮名

知らないと意外に困る

好きな数字を車のナンバーに

2016年12月、国土交通省が翌年から車のナンバープレートにアルファベットの導入を決定したことを発表し、話題となった。

アルファベット導入の理由は単純だ。手数料を払えば4桁の番号を好きな数字にできる「希望ナンバー制」('98年に導入)で、人気が集中している一部の番号を使い果たしたからだ。

「1234」や「8888」、「2525」、「4649」などのナンバーを見たことがある人も多いだろう。

Image by iStock

数字だけではない。ナンバープレート中央の数字の左横にある「平仮名」にもニュースやルールがある。

そもそも、この平仮名は、その車が事業用かそうでないかを見分けるための区分だ。たとえば、「わ」の表示がレンタカーを意味していることはよく知られている話だ。

 

2015年に、沖縄では「れ」の表示もレンタカーに使用されることが決まった。沖縄には鉄道がないため、移動手段は車が中心。しかも観光客が多い沖縄ではレンタカー台数が多く、「わ」ナンバーだけでは足りなくなってしまったのだ。