(c)前田建設/Team F (c)ダイナミック企画・東映アニメーション

建設業界のサラリーマンたちが「マジンガーZの格納庫」を作るまで

これぞオープンイノベーション

「前田建設ファンタジー営業部」――ダム、トンネル、発電所などに携わる総合建設会社、前田建設工業株式会社(東京都千代田区)のなかに実在する組織である。その活動内容は、アニメやゲームの世界に存在する、空想上の巨大建造物の建設を「本当に受注し、技術の粋を集約し実現するとしたらどうなるか?」……つまり「ファンタジーの世界を現実に再現する」ために、工期・工費を含め正確に検証する、というものだ。

ことの始まりは、とある会議室。バブル崩壊を経て国からの新規発注がなくなり、経費削減にあえぐ民間企業からの発注にも苦労し、建設業界は先行き不安を抱えていた。そんなある日、前田建設工業株式会社の一室で、上司がこう言い放つ。

 

「うちの技術で、マジンガーの格納庫を作ろう!」

かくして、それまで何気なく仕事をしてきた社員たちが、上司のムチャぶりに巻き込まれ「マジンガーZの地下格納庫」の建設に挑むことになる。ただし、あくまで“検証”である。そう、これは心の中に建設するという、日本の技術の底力を駆使したとんでもなく無謀なプロジェクトだった……。前田建設ファンタジー営業部の社員たちと、彼らを支えた技術者たちが、実際に試行錯誤を繰り返しながら、やってることに意味があるのか?と問うことすら忘れ、夢中になって取り組んでいく――。

映画メインカットより (c)前田建設/Team F (c)ダイナミック企画・東映アニメーション

この活動は、2003年2月よりWEB連載として配信され、多くの読者を獲得。働く者たちの夢と誇りの詰まったエンターテインメントとして支持され、書籍化、舞台化を経て、このほど実写映画化を果たした。タイトルは同じく『前田建設ファンタジー部』(1月31日全国ロードショー)映画化にあたって、実際にプロジェクトを牽引した前田建設工業株式会社の岩坂照之さんが当時を振り返る。