受験シーズンが終わると、次は入園・入学・新学期の準備が始まる。そろそろ「子ども靴を新調しよう」とか、「子どもの入園・入学祝いに靴をプレゼントしよう」と計画している人も多いだろう。

その際、「成長が早い子どもの靴は、大き目を買おう」と決めている人もいるのでは。しかし、その買い方で本当に子供のためになるのだろうか。実は、足に合わない靴を履き続けると、痛みや疲れなどの原因になるだけでなく、足が変形し歩き方まで変わってしまうリスクがある。これは大人でも起こるが、子どもの場合はより変化が起こりやすいという。子どもの健やかな成長や安全な生活のため、どんな靴を選んだらよいのか。大人自身も参考になる「靴を新調するとき」の大事なポイントを紹介しよう。

新入学、新学期は靴を新調する機会。だからこそ正しい選びからを覚えておきたい。photo/iStock