Photo by iStock
# ネットビジネス

同じホームページが「300万円」と「30万円」…?その決定的な差

「安い」ほうがいいとは限らない
ホームページ制作、SEO、リスティング広告……今やどんなビジネスでも必須のインターネット対策。どこに、どれくらいお金をかければよいのか、お悩みの人も多いだろう。『ホームページの値段が「130万円」と言われたんですが、これって相場でしょうか?』の著者、竹内謙礼氏は、ホームページの安易なリニューアルに待ったをかける。お金を払う前に必ずチェックすべき、「3つの条件」を教えてもらった。

安ければいいわけではない

ホームページの制作費には「高い」ものと「安い」ものがある。同じWEB媒体で、同じページ数にも関わらず、高いもので300万円のものもあれば、安いもので30万円のものもある。

Photo by iStock

ネットの知識や経験がない人であれば、すぐに「同じものなら安いほうがいいよね」と思うかもしれない。しかし、ホームページの制作では、その考え方は改めたほうがいい。たとえるのなら、ハーレーダビッドソンのバイクが200万円で売られているのを見て、「これって、鉄の価格に換算すると、重さとして1万円ぐらいの価値しかないよね」と言っているようなものである。

つまり、商品やサービスというものは、素材が同じでも、その付加価値や使い道によって価格が変動するものなのだ。ホームページも同じで、300万円のものも30万円のものも同じHTMLで組まれているものかもしれないが、その企業にとっての使い方や付加価値によって、制作料金は大きく変わるのである。

では、ホームページの付加価値は何で決まるのか?

ひと言で言えば、「お金を生み出す力」で決まる。たとえば、月商100万円のネットショップがサイトリニューアルに200万円を投資して、月商300万円をコンスタントに生み出すお店になるのであれば、200万円のお金を投資した価値のあるホームページといえるだろう。反対に200万円かけても、アクセス数や売上が変わらないのであれば、200万円の投資は失敗したということになる。

 

ホームページは投資した金額に対して、見合う価値を発揮できるかどうかを見極めることが重要である。「ホームページの価格って、だいたい200万円ぐらいだよね」というアバウトな考え方で制作費を決定してはいけない。

このような抽象的な感覚で価格を決めていいのは、大量生産されているものだけである。牛丼やラーメン、バッグや靴など、世に数が出回っている商品であれば、自分の感覚で相場を決定しても大きく外すことはない。

しかし、ホームページのようなオーダーメイド品の場合、作り手によって仕上がる商品のレベルが大きく変わってくるため、投資に対してのリターンは制作前にしっかりと定義しなくてはいけない。