〔photo〕gettyimages
# 格闘技

亀田裁判でJBC完敗…!日本のボクシング界が直面する「最大危機」

賠償金を支払えるのか…?

JBCが亀田裁判「敗訴」で迎える最大危機…!

亀田3兄弟が日本ボクシングコミッション(JBC)とその理事らを相手取り6億6000万円の損害賠償を求めた裁判で、1月31日、東京地裁は4550万円の支払いをJBC側に命じる判決を出した。

 

JBCの「平成30年度財務諸表」によれば、一般財団法人のJBCには18年末の正味財産が約620万円しかなく、JBCがこの4550万円の支払いを行うことは事実上不可能。JBCが控訴することも考えられるが、その控訴審を争う資金繰りすら厳しいと言わざるを得ない。

仮に4550万円を支払うことになればJBCは債務超過に陥る可能性があり、その先には「破産」の危機が目前に迫ってくる――。

亀田三兄弟は日本中を熱狂させた〔photo〕gettyimages

JBCが消滅することは日本のプロ・ボクシングが崩壊するに等しい一大事だ。

JBCはプロ・ボクシングの試合とルールを統括する日本で唯一の団体である。またJBCはジムや選手、マネージャーやレフリーに対してライセンスを交付している。

JBCが消滅すればプロ・ボクシングを公益的なスポーツとして認定する団体がなくなってしまうのだから、今後は試合の開催すら危ぶまれ、日本のプロ・ボクシングが完全に機能不全に陥る可能性がある。

いったいなぜ、こんなことになってしまったのか。