海のブルーに良く似合う、ピンク色のブーゲンビリア。太陽を遮るグリーンには、幸せの青い鳥が佇んでいる。生命力に満ちた“色”に溢れる南の地を訪れるなら、色鉛筆と真新しいスケッチブックを忘れずに。南洋に浮かぶアメリカ合衆国自治領の島で、あるがままの自然、人々の暮らしと出会った。

>最初から読む!

食や買い物も楽しい、
サイパンを存分に。

昼の食べ放題ビュッフェが大人気のタイ料理店〈Spicy Thai Noodle Place〉。/Spicy Thai Noodle Place Micro Beach Rd., Garapan, Saipan ☎+1 670-235-3000

しかし、サイパンの魅力は、自然や人だけに留まらない。ここならではのカルチャーも旅の醍醐味だ。

まずは食。チャモロ料理や名産のココナッツのデザートはもちろんだが、タイ料理やイタリアン、和食も美味しい。各国の移民を温かく受け入れるサイパン。この島で自国の飲食店を始める人も多いのだと、グロットへ連れて行ってくれたガイドさんが教えてくれた。本場タイ人による〈Spicy Thai Noodle Place〉のビュッフェは行列の人気。

〈Casa Urashima〉で、ワタリガニのトマトクリームスパゲッティを。チャモロ料理からイタリアンまで、素材を生かした創作料理が自慢の一軒家のレストランだ。/Casa Urashima Rosa St., Garapan, Saipan ☎+1 670-233-3303

日本人店主が営む料理店〈Casa Urashima〉の味も絶品だった。

老舗のベーカリー〈Herman's Modern Bakery〉。パンやサンドイッチのほかにスイーツも。/Herman's Modern Bakery Tun Herman Pan Rd., Dan Dan, Saipan ☎+1 670-234-1726
〈Herman's Modern Bakery〉で両手いっぱいのお土産を購入。

75年前からパンや菓子を自家製で作る老舗〈Herman’s Modern Bakery〉も素敵。ランチがてら足を伸ばして、サイパン風のかりんとうをお土産にした。そしてここはアメリカでもあるから、パンケーキやカフェにも困らない。

お土産探しに〈Joeten Shopping Center〉へ。/Joeten Shopping Center Susupe, Saipan ☎+1 670-234-6446

最終日にはショッピングもしておこう。庶民の暮らしが見えるスーパーマーケット〈Joeten Shopping Center〉では、特大サイズのドレスを当ててみたりと、文化の違いを楽しんだエイドリアンさん。

文房具店〈National Office Supply〉で。道路沿いの看板も巨大。/National Office Supply Beach Rd., Garapan, Saipan ☎+1 670-234-3197
サイパン土産といえば、地産の素材を生かす、ナチュラルソープの〈MARIANA OCEAN〉。素材にプルメリアやノニを使用している。/MARIANA OCEAN Beach Rd., Garapan, Saipan ☎+1 670-237-8300(マリアナラウンジ内)

アメリカらしい巨大なステーショナリーショップ〈National Office Supply〉で絵に使う道具を探し、サイパン発の〈MARIANA OCEAN〉では土地由来の植物やフルーツを使ったオーガニックなせっけんをお土産にした。

「文房具もたくさん、スーパーではブラウニーが作れるケーキミックスを買ったので、日本でアメリカの味を楽しみたい。友達のためにも作ってあげてお土産にしたいな。買い物がてらのローカルな散策も島の暮らしを身近に感じて面白かった。海以外に、街のチャーミングなところもたくさん見つけることができた!」