米テスラ、ここへきて「脱・自動車メーカー」で株価急騰しているワケ

競合にはないユニークなアプローチ

株価急騰のテスラが掲げた高級車路線

今回は電気自動車メーカーのテスラ(ティッカー:TSLA)を取り上げたい。ご存知のように、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は「人類を火星に移住させる」という計画の実現を目標に掲げ、2002年にスペースXを設立、宇宙へ行くためのロケット開発も手がけている。

テスラにはもともと投資家として出資しており、2008年から経営に参画した。週に80〜100時間働くとも言われているマスク氏は、シリコンバレーを代表するリーダーの1人として世界的に著名であると同時に、そのお騒がせな言動で世間からの注目を浴びることも多い。

 

そんなテスラがこのところ株式市場で大注目を浴びている。株価は去年10月下旬から急反発し、1月24日には一時573ドルまで上昇、去年6月につけた安値179ドルに比べて3倍超の水準まで値上がりしている。反転のきっかけとなったのは、2019年10月23日に発表された第3四半期の決算であった。生産効率の大幅な向上により、市場予想に反して3・四半期ぶりの黒字に転換した。

●テスラ(日足)

出所:トレードステーション

また、1月3日には2019年第4四半期のEV販売台数がこちらも市場予想を上回り、自社目標を達成したと発表した。テスラをショートしていた主体は買い戻しを余儀なくされ、株価の上昇に弾みがついた。

懸念されていた主力小型車「モデル3」の生産体制が整い始めた他、海外販売が上向いたことも要因だった。また、2019年通年の販売台数は約36万7500台と、自社目標(36万〜40万台)を達成した。

インベストペディアの記事「What Makes Tesla's Business Model Different?(何がテスラのビジネスモデルを差別化しているのか?)」によると、イーロン・マスク氏は「魅力的な電気自動車をできるだけ早く市場に投入することで、持続可能な輸送の到来を加速させる」という使命を持ち、このミッションはテスラのビジネスモデルのバックボーンとして機能してきたとしている。

テスラのアプローチはとてもユニークだと言う。大量生産や市場投入がしやすい比較的手頃な価格の車を作ろうとする代わりに、人がどうしても買いたくなる車を創造するということにフォーカスしたのである。

マスク氏によると「われわれの最初の製品はどんな外見であろうとも高価であるべきで、スポーツカーを作ることに決めた。それはガソリン車の代替えとして最も競争力がある可能性があったからだ」とのこと。