2月20日 台風名が女性名から号数に(1953年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

第二次世界大戦後、日本において台風は米国式にアルファベット順の女性名(たとえばカスリーン台風)で呼ばれており、台風番号は使われていませんでした。それが1953年の今日、4桁の発生番号に変更されました。

Photo by iStock

たとえば、6118は、1961年の18番目に発生した台風を意味します。

ただし、とくに被害の大きかった場合は、上陸地点などの名前をとって、狩野川台風(1958年)や伊勢湾台風(1959年)のように命名されたこともあります。

 

現在の台風情報でよく耳にするのは、台風5号や台風18号など、4桁ではなく2桁ないしは1桁です。これはその年に発生していることが自明であるため、省略して発生順のみの名称で呼んでいるためです。

ちなみに、台風に女性の名前を付けはじめたのはアメリカです。その嚆矢は諸説ありますが、「女性の名前を用いて台風を表現していた『STORM』という小説を気象学者が真似した説」や、「観測者であった海軍や空軍の担当者が遊び心から奥さんや恋人の名前を台風に付けて、親しみを込めて呼んだ説」が有名です。

現在もアメリカでは台風に名前を付けていますが、1979年から男性の名前も使用されるようになっています。

もう1つ、各国の政府間組織である「台風委員会」は、2000年から発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用いるよう定めています(ちなみに2000年の台風1号はカンボジアで「象」を意味する「ダムレイ」)。

つまり現在の日本では、番号と台風委員会の用意した名前があわせて使われていることになります。

台風はどうやって生まれるの? ハリケーンとの違いは? そんな疑問にこたえた一冊が『図解・台風の科学』!