目先の株価にバタつくな!バフェットの神髄は「機が満ちるまで待て」

「成長の臨界点」を見極めよ
大原 浩 プロフィール

「慌てるな」

子供の頃「慌てる乞食は貰いが少ない」という言葉をよく聞いたし、街角でそのような人々を見かけることもしばしばあった。この言葉の意味は、「急いで何かを手に入れようとすれば、もっと大きな何かを手に入れることができなくなる」ということだ。

 

バフェット流の投資は「時間を味方にする」ことが基本戦略であるから、じっくり待てば待つほど利益が大きくなる仕組みだ。

ただし、そのようにゆったり待つことができるのも、その企業が「成長の臨界点」を超えたと確信しているからだ。

多くの人々は、「成長の臨界点」を超えたかどうかの確認を怠っているから、市場のちょっとした変動で青ざめ、パニック売りで損をすることになる。市場が混乱しているときにパニック売りをするのは、大概の場合、長い目で見れば間違った戦略である。

バフェットは投資を良く結婚に例える。特にお気に入りの格言は、「結婚をするまでは両目を見開いて相手を観察しなさい。結婚してからは、片目をつぶって相手のあらが見えないようにしなさい」である。

多くの人々が、投資を始めてから色々悩むが、「臨界点を超えたかどうかも含めて」すべてのことは「投資を始める前に考えなければならない」のである。

投資を始めてから「どうしたら良いですか?」という相談をする方が多いが、その時点でその投資は失敗だから、状況に関わらず「すべてをゼロにしてから、じっくり考えてから投資をやり直す」ようアドバイスしている。

私もバフェットも魔術師ではないから、念力で株価を動かせるわけではない。「臨界点を超えた」と思う企業だけに投資をしているだけだ。

バフェットは「投資家は、投資を始めたら後はほとんど何もすることがない」と言っている。

要するに、「投資を始めてしまったら、その後は何もできないから、最初によく考えなさい」ということだ。