韓国が抗議…リニューアルした政府の「領土・主権展示館」その実力

ARも活用しているが…

「領土・主権展示館」をご存知だろうか。北方領土、竹島、尖閣諸島の資料を展示する、日本政府の施設である。

同館はそれまで日比谷公園内の市政会館に置かれていたが、1月21日、虎ノ門三井ビルディング1階に移転した。これにあわせて、展示面積は7倍の約700㎡に拡張され、解説や展示品の充実が図られた。韓国政府がさっそく抗議声明を出したことは、すでに報じられているとおりである。

とはいえ、その首都ソウルにも「独島体験館」が存在する。同じく領有権を主張する施設だが、それと比べ、新しい「領土・主権展示館」はどのような特色があるだろうか。

両者とも見物したことがある筆者が、主張の成否よりも、宣伝技術の優劣の観点で比較検討してみた。

 

説明が硬すぎる「領土・主権展示館」

まずは、新しい「領土・主権展示館」を訪ねてみよう。

「播磨屋本店」「領土・主権展示館」。虎ノ門駅を出て、虎ノ門三井ビルディングに着くと、案内板にそう記されている。1階のテナントはこの2つしかないので、迷うことはない。

虎ノ門三井ビルディングの店舗案内

隣の播磨屋本店は老舗のおかき屋だが、独特の街宣活動でも知られる。都内で「天皇よ正気か このままでは国民数千万が餓死するぞ!! 警鐘を鳴らせ」などと記されたトラックを見たことがあるかもしれない。それこそ播磨屋のものにほかならない。

その印象があまりに強かったので、「領土・主権展示館」も、なかなか面白いところに入居したものだと感心させられた。