「ほっともっと」大量閉店・高級路線化で、先行きが不安なワケ

業態転換の成否はいかに

「低価格」から「健康志向」へ

飲食店の「大量閉店」「業態転換」の波が、持ち帰り弁当の業界にも波及している。

弁当最大手・プレナスが運営するHotto Motto(以下「ほっともっと」と表記)は、売り上げ不振により、昨年9月に直営店187店を閉店した。先日発表された2020年2月期決算では、これに伴う減損を計上したため、最終赤字が9億4900万円となった。

あとで詳述するが、ほっともっとを運営するプレナスは、2006年以降「ほっかほっか亭」との対立を経て最終的に分裂。店名を変更し、現在は持ち帰り弁当最大手となっている。

しかしここにきて、店舗展開が飽和状態になったこと、また低価格志向に本腰を入れ始めたコンビニエンスストア、牛丼など低価格ファストフード業態との戦いが熾烈化し、疲弊していた。それが200店舗近い大量閉店につながったのだろう。

 

その裏で、ほっともっとが活路を見出そうとしているのが、2018年暮れから開始した新業態「Hotto Motto Grill(ほっともっとグリル)」への転換である。

プレナスは、ご飯食べ放題が特徴の定食イートイン業態「やよい軒」も経営しているが、そのノウハウを生かして、主力である持ち帰り弁当業態の再活性化を模索し始めている。そのひとつの結論が、ほっともっとグリルであると言える。

これまで、ほっともっとの人気メニューは300円台ののり弁当など低価格帯弁当、あるいは若く体力のある男性に人気の唐揚げ、とんかつといった揚げ物の弁当が主体で、近年急速に浸透しつつある「健康志向」の流れに乗り遅れていた。

画像はイメージです(Photo by iStock)