2020.01.28
# 日本株

日本株のプロがひっそり儲ける「東証のセレブ犬」投資の凄すぎる実力

過去20年で勝率なんと95%…!
大川 智宏 プロフィール

なんと勝率95%!

実際に、東証のセレブ犬を抽出してパフォーマンスを検証したものが、以下の図である。比較のために、前掲の東証の犬のデータも併記している。

東証のセレブ犬 パフォーマンス

拡大画像表示出所:Datastream

近年のパフォーマンスが大幅に改善しているだけでなく、驚くべきはその勝率だ。

過去20年間で、マイナスとなったのは2012年の1年のみ、勝率95%である。

 

もちろん、リターンの幅には波があり、常にリターン獲得が約束されるものではないが、この確度の高さは目を見張るものがあるだろう。

ちなみに、自己資本比率単体で同様に効果を計測しても決して悪い数字ではなく、東証の犬単体と同じ85%の高勝率を叩き出すが、年率リターンが7%とやや弱くなる。やはり、両者を組み合わせて初めて高い効果を発揮する戦術といえるだろう。

東証の犬、自己資本比率、東証のセレブ犬それぞれのパフォーマンス

拡大画像表示出所:Datastream

節目の年となる2020年はまだ始まったばかりだが、米中合意や地政学リスク、米大統領選の行方、東京オリンピックの開催など、また波乱に満ちた相場が1年を通して展開されそうだ。

そういった様々なリスクに対して十分に耐えうる実績を持った「東証のセレブ犬」への投資は、一考の価値があるだろう。

関連記事

おすすめの記事