【CREATORS connection】
世界に名をはせる5名のクリエイターと
若き匠たちの斬新なケミストリー

建築家/起業家・谷尻誠氏とガラス工芸家・関野亮氏のコラボレーション作品「glass」

平安神宮・額殿に展示されたのは、建築、ファッション、プロダクトといった分野で世界を舞台に活躍する5名のクリエイターと、素材を活かしたモノづくりをしてきた6名の若き匠によるコラボ作品。

各々のクリエイター独特の感性を工芸家たちにぶつけ、それに対し鍛錬された職人技で返答することで再びクリエイターを刺激する。発想と技の相乗効果によって研磨された素材の美しさを背景にした作品群が、この神秘的な朱塗りの社殿をいっそう華やかに彩った。

空間演出を手掛けた建築家の隈研吾氏もクリエイターのひとりとして参加。木工作家の平井健太氏と吉野杉の曲げ木によるパビリオンを、組子細工職人・岩本大輔氏と桧の組子による椅子を共同制作した。

他にも、SOMARTAのクリエイティブディレクター・廣川玉枝氏と染の創作ぞうり 四谷三栄の3代目・伊藤実氏による日本の伝統的な履物を新たに解釈した「KOMACHI」、クリエイティブディレクター・プロダクトデザイナー・辰野しずか氏と薩摩切子職人・鮫島悦生氏による、色のグラデーションとカッティングが美しい薩摩切子のグラス「grad.」、ANREALAGEデザイナー・森永邦彦氏と挽物師・百瀨聡文氏による300%倍率の木工スタッズライダースジャケットの襟と袖が展示された。