11年ぶりVで流れた早稲田ラグビー部歌『荒ぶる』に込められた意味

歌いながら男たちは涙を流した
松原 孝臣 プロフィール

組織が力を出しきるためには

早大ラグビー部OBで監督を務め、日本代表監督にもなった日比野弘が著書『早稲田ラグビー 誇りをかけて』(講談社刊)で理由を記している。

「『荒ぶる』は、組織が力を出し切るために、サブリーダーの役割が、いかに大切かを教えてくれている。リーダー一人の力には限界がある。試合に出られないからといって最上級生がやる気を失ったり、ふてくされたりしたのでは、チームの力が一つにまとまるはずもない。組織が力を出し切るためには、リーダーシップの重要性を知り、最後までキャプテンに協力して、ともに目標達成の努力をしてくれる仲間を持つことが、不可欠だと考えているのだ。」

『早稲田ラグビー 誇りをかけて』(講談社)
 

だがそれだけにとどまらない。『荒ぶる』が象徴するのは、早大ラグビー部の根幹だ。「日本一になること」が目標であり、それ以下はすべて敗北であるという思想だ。

「早稲田大学ラグビー蹴球部は『勝利を志向する集団』であり、『大学日本一を目標とする集団』である。」

日比野はそう記している。勝利への希求は恐ろしく強い。