米大統領弾劾裁判…結論としてトランプが罷免されることはほぼない

ボルトン証人召喚が実現したとしても

21人が賛成に回れば成立するが…

1月21日(米国東部時間)、ドナルド・トランプ大統領に対する弾劾裁判の審理が、米議会上院で始まった。

初日の審理はぶっ続けで13時間に及び、多数派の共和党トップであるミッチ・マコネル上院院内総務が提出した裁判の進行規則決議案が共和党53人全員の賛成で採択されたのは日をまたいだ22日午前2時前だった。

ミッチ・マコネル上院院内総務
 

結論を先に言えば、トランプ大統領が罷免されることはほぼない。共和党から21人が賛成に回れば大統領弾劾は成立するが、現在、3人の「造反」候補とされるスーザン・コリンズ上院議員(メイン州選出)とリサ・マコウスキー上院議員(アラスカ州選出)の2人は凄腕のマコネル氏の締め上げが効いているので反対に回る可能性が高く、選挙基盤が弱いミット・ロムニー上院議員(ユタ州選出)唯一人が造反するといわれる。

新聞報道にあるように、ジョン・ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)が証人尋問に応じ、同氏が新事実を証言することを野党・民主党は期待している。しかし、ボルトン氏は今秋に出版予定の回想録の宣伝のために応じる意向を示しているとの指摘がある上に、米国では「プリビレッジ(privilege)」と呼ばれる大統領との密室での会話内容を証言することに一応の制限がある。

仮に「ボルトン証人召喚」が実現したとしても、逆に共和党は民主党の大統領予備選挙の真只中にいるジョセフ・バイデン前副大統領の息子・ハンター氏(ウクライナ疑惑の登場人物でもある)を証人として召喚すべきだと“嫌がらせ”に出るだろう。痛し痒しなのである。

加えて、ビル・クリントン大統領(民主党)の弾劾裁判の時と同じく民主、共和両党の主張を聞いた上で証人召喚の是非を決めるのだが、当時は4人の証人を呼んだが全て非公開であった。従って、「ボルトン証言」も非公開となる可能性があり、世論を動かすほどのダメージにならない。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら