# ミズノ # アシックス # 陸上

アシックスとミズノが“ナイキの厚底”に勝てない「致命的な理由」

結局、東京五輪には間に合わない
酒井 政人 プロフィール

箱根駅伝で一矢報いたミズノ

アシックス『メタレーサー』のプロトタイプ(試作品)を履いたトヨタ自動車・大石港与がニューイヤー駅伝の最長4区を区間4位と好走。先頭争いを制し、トップでタスキをつないだ。一定の成果を残した『メタレーサー』は今年春の発売を予定している。

ミズノも今夏の新製品発売を目指して、同社のサイトに「本気の反撃」という予告ページを開設。ナイキが猛威を振るった箱根駅伝でも異彩を放った。

ミズノのプロトタイプ シューズ

区間賞を獲得した選手10人のうち9人がナイキの厚底シューズを履いていたが、最終10区で区間賞を奪った創価大・嶋津雄大は、メーカーのロゴも入っていない真っ白なシューズを着用。それがミズノのプロトタイプだったのだ。ミズノは箱根駅伝の協賛企業。文字通り一矢を報いたかたちだ。

嶋津は区間賞だけでなく、従来の区間記録を19秒も更新。2人を抜き去り、創価大に初めてシード権をもたらした。

 

筆者は嶋津の区間賞&区間新を全く予想していなかった。嶋津もナイキの厚底シューズを試しているが、「合わなかった」と今回はミズノのシューズを着用。その威力を最大限に生かした快走だったといえるだろう。

同シューズは短距離用スパイクの技術を応用靴底のクッション部分に独自開発の硬いプレート(カーボンファイバーではない)を挟んだ構造で、高い反発力と推進力を得られるという。ナイキの厚底シューズに近い構造だ。しかし、ソールの厚さは一般的なシューズに近く、今年夏頃の発売を予定しているという。

編集部からのお知らせ!

関連記事