画像:大幸薬品公式サイト

「クレベリン」が“受験のお守り”としてヒット商品になったワケ

深化する除菌・ウイルス対策アイテム

ウイルス対策の“新定番”

今年は記録的な暖冬というものの、1月半ばを過ぎると関東でも10℃を下回る日が増えました。寒さが厳しい1、2月はインフルエンザや風邪が流行する時期でもあり、電車内や街中ではマスクをしている人を多く見かけます。

直近では、中国の湖北省武漢市を中心に発生した新型コロナウイルスによる肺炎が猛威を振るっており、アジア諸国をはじめ日本でも患者が確認されたことから、感染症対策をいつも以上に意識する方が多いのではないでしょうか。

中国・武漢市の様子(Photo by gettyimages)

そんな中、ここ数年でマスクと並んで、感染症やウイルス対策の定番となったのが、ウイルスや細菌を除去する除菌アイテム。中でも抜群の知名度を誇るのが、ラッパのマークの「正露丸」でおなじみの大幸薬品から販売されている「クレベリン」シリーズです。

「クレベリン」は、特許技術により溶液・ゲル中に長期間二酸化塩素濃度を維持し、気になるところのウイルス・菌・ニオイを二酸化塩素分子の力で除去し、快適な居住空間づくりをサポートする除菌・消臭ブランド。

定番の「置き型」タイプをはじめ、生ごみやトイレなど匂いが気になる場所にさっと吹きかける「スプレー」タイプ、外出時にも携帯しやすい「スティック ペン」タイプ、狭い場所でも引っ掛けて使うことができる「スティック フック」タイプを展開しています。

 

元々、「クレベリン」は2005年に発売された業務用の衛生管理製品。主に医療施設や介護施設といった衛生面を重視する場所で使用されていました。

それが、2008年より一般家庭向けの商品として置き型タイプの「クレベリン ゲル」とスプレータイプの「クレベリン スプレー」の販売を開始。以降、ウイルス対策や除菌カテゴリーを代表するアイテムとして、主にドラッグストアなどで販売されています。