Photo by gettyimages

立憲・国民「合流ご破算」が示す、野党の混乱が永遠に終わらないワケ

令和になっても懲りずに内ゲバ…

またしても「崩壊のセオリー」通り

立憲民主党と国民民主党の合流がご破算になった。「これで、野党のドラマは終わりか」と言えば、そうではない。むしろ、ここからが本番ではないか。本格的な内ゲバが始まって「旧民主党勢力の分裂はさらに深まっていく」とみる。

両党の合流話は、立憲の枝野幸男代表が昨年12月、国民の玉木雄一郎代表らに呼びかけて始まった。2020年の通常国会までの合流を目指したが、協議は難航し、結局、1月20日の国会開幕に間に合わず、破談になった。

 

枝野氏は国民の吸収合併を目指し、新党の名前も「立憲民主党」を譲らなかった。一方、玉木氏は参院議員らを中心にした党内の慎重派を説得できず、折り合えなかった、と報じられている。

なぜ、このタイミングで合流話が出たかと言えば、2020年中にも解散・総選挙がある、とみられたからだ。各種世論調査で国民の政党支持率は1%前後にすぎず、国民の衆院議員たちは「これでは選挙を戦えない」と危機感を募らせていた。

国民民主党の玉木雄一郎代表(Photo by gettyimages)

枝野氏はその足元を見て、合流のボールを投げたが、昨年7月の参院選で立憲と激しく争った国民の参院議員たちは、抵抗感が強かった。参院選は当分ないのだから、彼らは焦って合流する必要はなかったのだ。

私は、かねて「左翼は逃亡と裏切り、内ゲバで倒れる」という「左翼崩壊の一般理論」(笑)を唱えている(2019年10月18日公開コラム、https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67864)。これは旧ソ連の崩壊から韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権、中国の習近平政権に至るまで、古今東西、万国共通のセオリーと思っている。

まず、左翼勢力の内部でこっそりと戦線離脱=逃亡が始まり、やがて裏切りが起きる。それが一段落すると、残ったメンバーの間で路線闘争が起きて、激しい内ゲバに至る。そして政権が崩壊、あるいは左翼勢力が散り散りバラバラになる、という理論である。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら