ストロング系チューハイ、止まらぬ「アルコール度数過激化」の危険性

警鐘を鳴らす精神科医に聞いた
佐藤 光展 プロフィール

「苦痛を忘れるために飲む」が危ない

酒は楽しみながら飲むものだ。料理と共に酒をじっくり味わう。日本酒やワインやウイスキーをラッパ飲みするような行為は、本来カッコ悪い。

「それぞれの酒には、飲み方も含めた作法や文化があり、これが急激な血中濃度の上昇やアルコール依存症を防いできた側面もあると思います。

ところが、ストロング系には文化も作法もない。ただ、短時間で激しく酔うために一気飲みをする。摂取の動機が酒を楽しむためではなく、他の依存性薬物と同じく『意識を変えるためのツール』になっている。これは極めて危険です」

 

松本さんは今後、理事を務める日本アルコール・アディクション医学会でこの問題の提言書を作成し、公表する予定だ。

「酒税を財務省の独断で決めてはだめです。財務省と厚生労働省が連携して、国民の健康を守る観点から、改めて酒税を検討するべきだと訴えていきたい」