1月24日より配信がスタートした水原希子さん出演のHuluオリジナルドラマ『ブラを捨て旅に出よう〜水原希子の世界一周ひとり旅〜』。このタイミングに合わせ、ドラマの原案本『ブラを捨て旅に出よう 貧乏乙女の“世界一周”旅行記』の著者である旅作家・歩りえこさんの連載をFRaU webにてスタート。

歩さんは15歳のとき、「将来、ペースメーカーをつけなければいけない」と医師から心臓の異常を宣告されたことを機に「一度きりの人生、後悔したくない!」と思い、たった一人で世界一周旅行に挑戦したのだ。著書では21カ国のエピソードを紹介しているが、これまで旅したのは世界94カ国! この連載では、世界各国で出会った印象的な男性について綴ってもらう。また、記事内に掲載している写真はすべて歩さんが撮影したもの。男性の傾向や国民性に加え、街の雰囲気や空気感も感じてもらえるのではないだろうか。

第一回は、アジアの金融センターと言われ、世界中から富裕層が集まっているシンガポールで知り合った投資家・エリックとのエピソードをお届けする。

また、ひとり旅となると危険な目に遭う可能性が高い。歩さんが「安全に旅を楽しむために意識していること」も紹介するのでひとり旅の予定がある人はぜひ心得て。

<歩りえこが旅するときの心得10カ条>
【1】自分が行きたい! 見たい! 会いたい! と本気で思うものに向かってどんな障害も乗り越えて突き進むこと。時間・お金・移動手段さえあればどうにかなる。
【2】旅行中だけはダイエットを忘れる。その土地で食べられるものは今しかない! たくさん歩くので案外太らない。
【3】悪い人かどうかを見分けるには、相手の目を3秒間ジッと見つめること。悪事を企んでいる人は大体3秒以内に眼球が動く。目が血走っていたり、白眼が濁っていることも多い。また、この手の顔つきは強盗やスリ、詐欺など金銭目的の悪党が多い。
【4】顔がニヤニヤ締まりのない顔つきをしている男がいたら9割エロいことを企んでいる。秒速で逃げよう。
【5】治安の良くない地区で身なりの良い人が歩いていると大抵詐欺師かスリだと思え。
【6】旅の行動は9時~18時がゴールデンタイム。これ以外の時間に無駄に出歩くと犯罪に巻き込まれる率がグッと引き上がる。やむを得ず外出しなければならない時は手ぶら&汚い格好で。
【7】観光客向け以外の市場やローカルスーパーを見て、現地の食べ方で現地の食事を。地元の人が並んで食べている食事は一切ハズレなし。
【8】自分の足で歩き、自分の目で見たものしか信じない。ネット上の不確かな情報が今の世の中には溢れている。実際行ったらその国の印象がガラリと変わることはよくある。
【9】「この年齢だからこれはやめておこう」というのは考えないようにする。年齢を異常に気にするのは日本ぐらい。無謀なことや他人に迷惑をかけさえしなければ、やりたいように旅をしよう。
【10】とにかく生きて帰ること。世界を見ることは素晴らしいけれど、同時に世界は甘くない。家族、友人、恋人……自分のことを心配している人がこの世界には必ずいることを忘れない。

ある日突然湧いてきた感情、それは……

マリーナベイ・サンズの夜景を背にしたマーライオンと記念写真。噴水をキャッチする構図はなかなか難しく20回撮り直しました。写真提供/歩りえこ

31歳の時、異常なほど身体の奥底から湧き上がる感情に突き動かされた。

子供を産みたい

これまでは自分の自由に使える時間を謳歌することが第一で、仕事や恋愛、友人と遊ぶこと、そして何よりも旅にしか興味がなく気が付けば訪れた国は94カ国

行きたいと思った場所に自由に行けるのは独身女性の特権。子供を産んだら、その自由が全て奪われてしまうような気がして、今まで一度も子供が欲しいと思ったことなかった。

それなのに……ある日突然湧いてきた感情に私は困り果てた。

子供を産むにはまず相手がいる。しかも、誰でもいいってわけにはいかない。今までの恋愛ではフィーリングが合って一緒にいて楽しければそれだけでよかったけど、一生一緒にいたいと思えるくらい愛し合える人でなければならない。

でもあんまり顔が整っていない人とだと、遺伝子的に子供も可愛くなくて特に女の子は可哀想かもと思ったり……。

何より気がかりなのは経済力だ。ネットで調べてみると、子供1人を成人させるのに2000万円!? 2人なら4000万円!!!!? 高っ~!!!! 

今、私の周りでそれなりの経済力を持ち将来も安定感のありそうな男性はいるかな?

LINEのトーク画面を下へとスクロールしてみる。5分後、無性にトーク画面を整理したくなり、LINEから最近話していない相手の3分の1を削除した。

残った男性たちは、ちょっとフィーリングが合ったり、個性的で面白かったり、安定感ゼロのジェットコースター人生を送っている男性ばかりだった。

その中には、パキスタンで傭兵になるのが夢だという、ちょっと異次元で常にメンタルが不安定な男性もいた。さらには女性からDVを受けていて、本気で死のうとする彼女と血だらけのサバイバルな同棲生活を送っており、どうしても彼女が自殺するのが怖くて別れられない男性もいる。

世の中には色んな男がいるなぁ。

でも31歳だし、私もそろそろ、ちゃんとした男性を探したい。と、内心では思いつつも、なかなか出会いの場へ行く機会もなく、目の前のやるべき仕事をこなしているうちにどんどん時間だけが過ぎてしまった。

いや、マズいぞ。このままだとあっという間に35歳になり、40歳になってしまう!