# 動物 # 癒し

これが人生最高の1枚! エゾナキウサギが満面の笑みで大ジャンプ!

一年続いた連載も今日が最終回!

僕が野生動物の中で一番好きな「ナッキー」

昨年2月1日から1年間、毎日更新してきた連載「北海道から毎日お届け中!」は、今日で最後になります。

悩みに悩んだ末、最後の1枚には、僕が野生動物の中で一番好きなエゾナキウサギを選びました。

 

僕は親しみをこめて「ナッキー」と呼んでいます。この連載では、主役として何度も登場してもらいました。

今日は、これまで撮った膨大な量のナッキーの写真の中から、第35回『日本の自然』写真コンテストで最優秀賞をいただいた『貯食に大忙し』をお送りします。

秋の大雪山のガレ場で、ナナカマドの葉を口いっぱいにくわえて、巣へ運ぶナッキーです。

ウサギなんですが、移動は走っていることが多く、これほど見事なジャンプはめったに見られません
 

葉をくわえた口の形が、ライオンのように見えて、とても萌ぇ~です。

僕には、満面の笑みを浮かべているように見えました。

元気にジャンプしてくれて、実りの秋の喜びが感じられる1枚になりました。

エゾナキウサギは、じっとして瞑想しているか、目にも止まらぬ早さでガレ場を駆け抜けていくことが多く、ジャンプする瞬間を見ることはめったにありません。

「もう一度、この写真を撮ってきてください」と言われても、もう撮れないと思います。

まさに、今日までの人生で最高の1枚です。

今日の投稿で、1年間続けてきた連載は終了となります。

長い間読んでいただいた皆様、ありがとうございました。

今後も、北海道の野生動物たちを撮影し、発信していきますので、応援、よろしくお願いいたします。

動物写真家 佐藤圭 

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!