Photo by iStock

小泉今日子『木枯しに抱かれて』、関係者しか知らない制作のウラ側

井上鑑×田村充義×助川幸逸郎…が語る

「アイドルはやめられない♪」と、飛び跳ねていた彼女とはまったく別の姿。せつない旋律に乗せて、片想いの恋をしっとりと歌うキョンキョンも最高だった。

木枯しに抱かれて
86年11月に発売された小泉今日子の20枚目のシングル。高見沢俊彦作詞・作曲。大ヒットした前年の『なんてったってアイドル』とは一線を画す物悲しい曲調で小泉の新境地を示した

印象がガラリと変わった

助川 寒くなってくると思い出します。私が大学に入学した'86年の暮れ、たまたま観ていた歌番組で、小泉今日子さんが歌う『木枯しに抱かれて』を初めて聴きました。

それまでは、『渚のはいから人魚』('84年)や『なんてったってアイドル』('85年)のように、元気いっぱいではっちゃけた曲を歌うイメージが強かった小泉さんが、スローで切ないバラードを、しっとりと大人っぽく歌い上げているんですから、驚きましたよ。

井上 編曲家として携わった僕からしても、あの曲は思い出深い一曲です。助川さんがおっしゃるように、やはり彼女のそれまでの印象がガラリと変わった曲だったと思います。

あの時期、突然小泉さんの歌唱テクニックが上がったというわけではない。「こういう風に自分を出せば伝わる」ということが分かってきたと言いますか、明確に歌の世界を表現できるようになったという印象でしたね。

Photo by iStock

田村 ええ。'83年に僕が小泉さんの担当ディレクターになった当初は、正直それほど素晴らしい歌い手ではなかったですし、ボーカルに特徴があるわけでもなかった。

ですが、レコーディングやコンサートを重ねるうちに、表現力が身に付いてきたという手応えを感じていました。歌に説得力が増したので、勢いだけではないスローなバラード曲を歌えるようになったんです。

 

助川 マーチングドラムに乗せて、叶わなかった諦めきれぬ恋を切々と歌い上げる、あの歌いっぷりは見事ですよね。

サビとアウトロ(曲の終わりの部分)で「せつない片想い あなたは気づかない」と繰り返す。それまで小泉さんが片想いの歌詞を歌うなんて考えられなかったのに、やるせない喪失感を表現するのが、ものすごく巧みなことに驚いた。

もっとも、'84年の主演映画『生徒諸君!』では片想いをする女子高生を見事に演じ、恋しさや悲しさを表現する才能の片鱗は見せていました。