担当者が語る「ノザキのコンビーフ」クルクル開ける缶を止めた理由

新パッケージも公開!

あの緑色の台形の缶詰が

「『ノザキのコンビーフ』が70年ぶりにパッケージをリニューアル!!」

去る1月15日、冒頭のプレスリリースがネットニュースを駆け抜けた。SNSでは「もうクルクルできないの?」と嘆くユーザーが続出。大きな話題となっている。

「クルクルって何?」と疑問を抱く前に、そもそも「ノザキのコンビーフって?」と思う読者もいるかもしれない。だが、商品の画像を見れば、「ああアレか!」と分かってもらえるだろう。台形の独特の形状をした緑色の缶詰で、表面には牛のイラストが描かれている。牛肉を主原料とし、そのままでも、加工してもおいしい。

【写真はコチラ】一足先に登場!「ノザキのコンビーフ」新パッケージ

これが「ノザキのコンビーフ」だ!
 

国産コンビーフの第一号として1948年6月に販売した「ノザキのコンビーフ」。一般的な缶詰に見られる丸い筒型ではなく、「枕缶」と呼ばれる台形をしており、開封も缶切りではなく、付属の「巻き取り鍵」を使う(これが“クルクル”たる所以だ)。この開け方が特徴的で、2017年には制作する川商フーズ自らツィッターで「開け方、初見殺し」と自虐して笑いを呼んだ。

では、開け方をおさらいしてみよう。

付属の巻き取り鍵を外して…
巻き取り鍵の穴に、缶の側面にある巻き取り爪を通して…
巻き取り鍵を右方向にくるくる回しながら、缶を巻き取っていき…
巻き取りを一周したら中身がお目見え!