# NHK

NHK「ネット同時配信」、実現までに10年もかかった「全舞台裏」

マスメディア業界の暗闘があった

NHKの悲願がようやく…

なんと長い歳月を費やしたことだろうか――。

NHKの上田良一会長は1月15日の記者会見で、地上波で放送するテレビ番組を、インターネットに同時に配信する「常時同時配信」と、それらの番組を放送後1週間いつでも見ることができる「見逃し番組配信」のサービスを今年4月から公式にスタートすると発表した。

写真はイメージです(Photo by iStock)

実は、同時配信は、NHKの正式な意向表明からここまで辿り着くのに10年の歳月を要するNHKの“悲願”だった。インターネットの時代にドラマやニュース、スポーツをテレビと同時にインターネットで配信するという当たり前のことがいったい、なぜそれほど長い間、実現しなかったのだろうか。

今週は、その裏にあった視聴者無視のマスメディア業界の暗闘を明らかにしておきたい。

若者のテレビ離れが進む中で、何もせずに手をこまねいていては公共放送の役割を果たせなくなるとの危機感から、番組配信メディアを拡大してインターネットも対象にすることは、古くからのNHKの悲願だった。

 

そのことを示す傍証には枚挙に暇がない。例えば、NHK放送文化研究所が今から17年前の2003年5月に創刊した雑誌『放送メディア研究』の第1号には、すでに「デジタル化時代の社会とメディア」や「インターネット・メディアとマスメディア」といったタイトルの論文が掲載されており、NHKがネット配信に強い関心をもっていたことが伺える。

同じ2003年に、NHKは「NHKアーカイブス」、そして2008年に「NHKオンデマンド」を開始したほか、2014年の放送法改正でNHKが手掛けられるインターネット活用業務が拡張的に規定されたことを受けて、翌2015年にはテレビの放送をインターネットで同時配信する検証実験も実施してきた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら