画像:快活CLUB公式HPより
# ネットカフェ # AOKI

AOKI「スーツ販売」低迷のウラで「快活クラブ」絶好調のワケ

異業種参入から断トツの1位に

意外と知られていませんが

年始に放映された『マツコの知らない世界』(TBS系)をご覧になっただろうか。

この番組で190種以上のフライドポテトを食べ比べてきた識者がナンバーワンに選んだのは、なんと複合カフェ「快活CLUB」のポテトであった。ファストフードや居酒屋、回転寿司など飲食店を抑えての選出は驚きであり、ネットで大きな話題になっている。

快活クラブは、紳士服の販売で知られるAOKIホールディングス(以下、AOKI)が、エンターテイメント事業として手がける複合カフェである。ファッション業界大手のAOKIが複合カフェを運営していることに驚く方もいると思うが、同社は2020年1月現在、複合カフェ「快活CLUB」を436店も運営している。

紳士服市場の縮小に伴い苦戦するファッション事業を尻目に、快活CLUBは売上高、店舗数ともに業界1位の座についており、いまやAOKIの主力事業になりつつあるのだ。

 

フライドポテトで思わぬ注目を浴びることになった快活CLUBだが、AOKIの見通しによれば2023年3月期には、エンターテイメント事業の営業利益がファッション事業を上回るという。

そこで今回、業界トップを維持する快活CLUBの特徴や魅力、今後の複合カフェ市場の動向などについてご紹介したい。