初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よくまわりたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、福岡県を案内していただいたのは、セレクトショップkabuiオーナーの都合希視寛さん。

関門海峡に面した九州最北端の都市、北九州市。“角打ち”の発祥地としても知られ、昨日今日では出せない昭和のレトロな味わいが残る街。芸術劇場やギャラリーでアート鑑賞も楽しめます。ふたたび脚光を浴び始めた、北九州の知られざる魅力に迫ります。

福岡空港からのアクセス
北九州市まで約77㎞(小倉駅まで)九州自動車道を経由して約70分

知らなかった“興味”に出会える
秘密基地のようなセレクトショップ

kabui

人気アーティストとのコラボグッズのほか、本やCD、雑貨、食料品など、店内はいい意味でカオス。

キーパーソンである都合さんがオーナーを務めるセレクトショップ。2015年4月オープン。「浅く広くが好きなんです。飽きない提案をしていきたい」と話すとおり、ジャンルの見つからない斬新なセレクトでカルチャーの発信地として話題。

キーホルダーやサコッシュなどkabuiオリジナルグッズも販売している。

料理教室や各種展示会も不定期で開催され、モノが買えるだけでなく、人を繋ぐ場としても知られる。コーヒースタンドも併設。

kabui(カブイ)
北九州市小倉北区大門2-1-9 岩岡ビル1F
☎093-967-6858
営業時間:12:00~19:00
定休日:木
Instagram:@initialdeeee


\とっておき福岡土産/
サバ缶キャップ

ラッパーのZEN-LA-ROCKとイラストレーターのNONCHELEEEが小倉を旅し、コラボレーションで制作されたキャップ。前面には2人が角打ちで食べて感動したというサバの水煮缶のおつまみと、旦過市場の名物カナッペのイラストが描かれている。色はオレンジの他に赤と黒も用意。kabuiで購入可能。¥6380。